瞑想(meditation) 日々是好日(dairy)

「なんとかなる」は、なんとかなった

投稿日:


最近、少し忙しかった(今もまだその渦中)。
昨日、ひとつのイベントが終わり、ややすっきりとした気持ちで今日を迎えている。明日、もうひとつのイベントがあり、それが終われば夏休み気分。

昨日は、「大人も子どもも、みんながセンセイになって、みんなが生徒になろう」という某市でのイベントに、知人たちと一緒に参加をしてきた。わたしも一コマ授業を受け持ち、ブッダについて語ってきた。

もともと、ボランティア、そして遊びイベントということもあり、素人センセイでいい認識だったので、それほどの準備をするつもりはなかったのだけれど、当日他の方の完成度の高い授業や資料をみて、「みんな、プロじゃないか!」「ここまで何もしていなくてよかったのか」という後悔が襲ってきた。授業時間は50分なのだけれど、PPTのページは16ページくらいで、しかも字がすごく大きくて(小さい文字での資料が嫌い)、こんなの読むだけだったら、30分?緊張して早口になったら、15分くらいで終わってしまうではないか!と、恐ろしくなる。しかも、持参したPCがプロジェクターに繋げるケーブルに合わず、いや、それは予想していたのだけれど、対策を何もすることなく、「なんとかなるだろう」「無理だったら板書で」などと気楽に考えていて、そしてやっぱり繋がらず、気持ちは焦る。「板書、できるの?」。だけれども、「板書をしたら時間稼ぎになるかも」というせこい考えもやってきたりして、まあいつもの、一人芝居をするなど。
その後、困っている私を見かねてか?、USBデータとPCを貸してくださる方がいて、投影しての授業ができたので、よかった。

さて授業。
あっさりとした概要の資料をつくっただけで、何を話すかは、本当に、一切何も考えずに臨んでしまい、どうなることかと思ったが、このライブ感(と呼んでいる)が、怖くて、実は好きだったりもするから始末が悪い。

直前に思いついた、「この前の瞑想体験のことを話そう」というアイデアがきっかけになり、いろいろと展開が思い浮かんでくる。同じ体験をされた方が教室にいらしたので、話してもらうといいかな、とか。
それでも、圧倒的に時間が余るのだ。どうしよう。まあ、早く終わってもいいらしいから終わろうか。

教室は、20名くらいが座れる部屋だっただろうか。もともと「3人くらいしかこないマニアックな授業をやろう」とイメージして授業のタイトルを決めたのだけれど、気が付けば知り合いではない生徒の方々がどんどんとやってきて、しかも、年配の方であったり、坊主頭(僧侶?)の方であったり、パーリ語の辞典を持ってきているツワモノであったり、私の心を乱すには枚挙に暇がないほどの人が集まり(←正しい日本語だろうか)、狙いは見事に外れたことを知ったのだった。みなさん、もの好きですね。お願いだから何も突っ込まないでね。そして教室はいっぱいになって、知り合いもぽつぽついらしたけれど、アウェー感満載な中で、一度も話す練習をしないまま、話し始めたのでした。

当時のインドの文化や思想的な背景に言及しつつ、ブッダが生まれてから悟りに至るまでの道のりと、初転法輪と次の説法くらいまでを説明したのだけれど、話し始めると関連する補足情報が浮かんできて、うろおぼえの知識をそのままに説明をしたり、「禅定」のところでは、この前行ってきた瞑想体験を語ったり、瞑想の種類やプロセスなどについて説明をするうちに、気が付けば時間が足りなくなっているような気がして、携帯をみてみたら、まさしく!!
後半の、転法輪経や無我相経で語られた内容のところは、ほぼすっ飛ばしてしまいました。無我とか無常が、1分で語り終えられるなんて・・・(つまり語れていない)。ごめん、ブッダ先生。

反省点は多々あるのだけれど、アウトプットするってやっぱり大切、人に伝える経験って学びになるなあ、などと思ったのでした。
またどこかで話したくなってしまった。。。そうすると、また勉強がしたくなり、ああ、ループ。今は羊毛フェルトに力を傾ける時期なのに。

-瞑想(meditation), 日々是好日(dairy)
-,

執筆者:

関連記事

こんな日もある。

夕方から突然の頭痛。両方のこめかみと、後頭部の下のあたりと。早く寝よう。 「誰も喜ばないだろうな」と思うことをするのは、憂鬱になる。とはいっても、見過ごせない性格はなかなか変わらない。 例えば、誰もが …

憑依

先週の金曜日の仕事終わりから今まで、以前から興味があった羊毛フェルトなるものに取りつかれている。今日も5時に目が覚めて「ちくちく」するなど、久しぶりに、この「取りつかれている」状態になっており、感慨深 …

生きることはひとつの挑戦

「生きるっていうことは、何なんだろうか」 というのは、小さい頃から常にあった問いだと思う。 こういうのを「中二病」と呼んでいるらしい、というのは ここ数年で知ったのだけれど、 大人になりきれていない、 …

「夢」

「夢」という言葉を、最近あまり使わなくなった。夜、眠っている間に見る夢は、相変わらずの頻度でやってくる。昨晩も、ある男性医師と女性医師がでてくる夢をみた。そういった夢のほうではなく、たとえば「将来を夢 …

朝の雑感

早めに起き、久しぶりに瞑想をして、家を出る。朝のスターバックスは好きだ。大体一人で、読書か仕事か勉強をしている人が多い。私もそういうのが好きなので、きっと落ち着くのだろう。5月は毎年調子がいい。たぶん …

プロフィール(Profile)

人生、自分、仕事、家族、他者、社会、生きること、死ぬこと、過去、未来、今、
日常ではあまり語られることのないテーマについて、見つめる、表現する、聴く、語り合う時間が、人生の中に増えればいいな、と思っています。

アーカイプ

カテゴリー