日々是好日(dairy)

哲学カフェへ行ってみた

投稿日:


先日書いたように、哲学カフェをすることになったので、まじめに事前準備をしている。本を読んだり、構成の輪郭を考えてみたり。

そしてやはり「体験に勝るものはなし」ということで、哲学カフェに行ってきた。この筋では老舗的?、「カフェフィロ」さん。

今日のテーマは「リーダーシップ」。
正直、テーマ的には食指が動くものではなく、「別のテーマだったらよかったのにな」と思っていたのだけれど、行ってみるとそんなことはなく、とても有意義で楽しい時間だった。まだ輪郭がはっきりとしないものを、考え、少しずつ言語化していく作業は、やっぱり好きらしい。

今日集まった方は、ベテランさん、初めての方、様々なようにお見受けしたけれど、自己紹介もなくはじまるのは、とても新鮮だった。いいね。

途中、議論がいろいろな方向にいくのだけれど、構造や論点を明確にしたり、整理をしてくださる方が何名かいらして、職場ではこの役割を受け持つことが多い私は、今日は自然とお任せモードになっていた。このあたり、「やってくれる人がいなかったらやるけど、誰かがやってくれるのならば敢えてはやらない」性格を、よく示しているな、と思う。リーダーシップ然り、まとめ役然り。

あとで気がついたんだけれど、「自分の体験からでた(=実感をもって経験した)言葉で話す」という視点が、自然と自分の中にあった。これは、哲学カフェの姿勢として適切なのかどうかは分からないのだけれど、今まで培ってきたものや、経験したものから、身についたのだろうな。

あっという間の2時間で、とてもとても楽しかった。また、行きたいな。

-日々是好日(dairy)

執筆者:

関連記事

「妖怪セラピー」当事者研究とナラティヴ・アプローチの異同

当事者研究をはじめてもう2年くらいが過ぎたが、先日お知り合いの方が(おそらく)当事者研究と妖怪セラピーを融合させたワークを実施されていたのを、フェイスブックを通じて目にした。そこでは、最後の「妖怪」の …

「祝辞」より

さて、某大学の祝辞が話題になっていて、格差、差別、性差、等の論点があると思うけれど、一応「女」という性別に生まれ、認識し、生きてきた私の人生は、果たしていったいどんなものだったのだろうか、などと考えて …

スターバックスを超えるもの

もうながく、ずっとスターバックス派だった。それはなにも、スターバックスが好きだから、という理由ではなく(いや、好きなんだけれど)、空間、コーヒー、価格、客層などすべて含め、ちょうどいい感じだったからだ …

自分の扱い方

何かコンテンツを作るときに「自分」が極力影響しない方向を目指すか、逆に強く関与させていく方向を目指すか、考えるときがある。前者は、「自分」に距離をもって、後者は、「自分」を全開にしている感じだろうか。 …

岸田繁さん 交響曲第2番 初演公演

今日は、くるりの岸田繁さん作曲、交響曲第2番 初演公演に行ってきました。 シンフォニーNo2 @12/2 京都コンサートホール 恥ずかしい話ですが、それまで岸田さんのことはおろか 「くるり」も、「なん …

プロフィール(Profile)

人生、自分、仕事、家族、他者、社会、生きること、死ぬこと、過去、未来、今、
日常ではあまり語られることのないテーマについて、見つめる、表現する、聴く、語り合う時間が、人生の中に増えればいいな、と思っています。

アーカイプ

カテゴリー