日々是好日(dairy)

商売繁盛

投稿日:


家に保管している本は、もうかなり少なくなったのだけれども、それでも一定数は常に存在している。数か月、もしくは年単位で見直し、もう既に自分の中での旬ではなくなったものについては、アマゾンに出品したり、古本屋さんにもっていったり、興味がありそうな人がいたら差し上げたりしいているのだけれど、あいにく私の周りには、興味を同じくする人が少ない為、前者のほうが多くなる。

大学院を修了し、その勉学の為に購入した本をどうしようか、長く迷っていた。明らかにもう読まないものはすぐに次に回していったが、「いつか読むかもしれない」という中途半端な本は、しばらく持っておくことにした。そして昨日、いよいよそれらの本の半分くらいを、再度次へ回すべく、出品作業を進めた次第である。

手間賃も含め、古本屋へもっていったほうがいい本は案外少なく、もし設定した金額で売れるならば、けっこうな高値である。だいたい出品をして数日くらいで、第一陣が売れていく。それで終わりと思いきや、忘れたころに少しずつ売れ、高確率でほとんどの本が売れていく(その間に価格設定は状況に合わせて変動させていく)。

こういった様子を見ていると、けっこう嬉しかったりする。出品して、購入メールがやってきて、梱包をして、発送する。そして発送通知を送る。自分のお店みたいで、なんだか楽しい。

メルカリなどにも興味があり、一度やってみたいとは思っているのだけれど、あいにく私の所有物には、本以外に売れそうなものがあまりない。探したらあるのかもしれないのだけれど、頻度が低いので、なかなか腰があがらない。

7月に入るとすぐに、街の至るところでコンチキチンの音がする。もうすぐ祇園祭なのだけれど、もうそこへの興味は低くなってしまった。ひたすら混雑を避け、暑さを避け、静かな時間を過ごしたい。

-日々是好日(dairy)

執筆者:

関連記事

「私らしく」はないけれど

最近、予定のない休みの日は、午前はそうじをして、出かけて、ブログを書いたりプライベートタスクをしたりして、その後は丸善に行って、本を読んでいる。建てかわった後の今の丸善は、本当に素晴らしい場所。そして …

マジョリティとマイノリティ

端的にいうと、マジョリティが多数派で、マイノリティが少数派、ということだろうと思う。昨今の文脈では、マイノリティにスポットを当て(当てられ)、いろいろな施策や活動が進んでいっているように思う。それにと …

京阿月さん「じゅくし柿」

引き続き、和菓子シリーズ。 秋といえば、柿。 京阿月さんの「じゅくし柿」 ジュレの食感と柿の風味が 美味しかったです。

空間、好奇心と野蛮さ、信仰など

三が日の街の感じが、好きである、以前、某ファーストフード働いていたとき、お正月三が日の、特に1月1日の早朝から午前少し前くらいまでのお店の雰囲気と客層が、いつもより静かで、一人のお客様が多くて、しかも …

髪を切る、ってありがちで

少し気分が塞いでいたのも関係しているのか わからないけれど、 突然、髪のイメージを変えたくなった。 大学生の頃は、周囲に違わず 髪を茶色く染めたり、パーマをかけたりしていたのだけれど、 就職をして、「 …

プロフィール(Profile)

人生、自分、仕事、家族、他者、社会、生きること、死ぬこと、過去、未来、今、
日常ではあまり語られることのないテーマについて、見つめる、表現する、聴く、語り合う時間が、人生の中に増えればいいな、と思っています。

アーカイプ

カテゴリー