人生(life)

輪郭を描く

投稿日:

伝える、表現する、言葉を発する、ということについて
比較的、話すよりは、文章のほうが
好きだろうと思う。

特に、考えているテーマについてや、
自分について大切なものである場合、
言葉で、衝動的に、感情的に、反射的に、
反応的に説明をしたりしてしまうと、
後でなんともいえない後悔というか、
言い直したり、説明をしなおしたい気持ちが生まれてくることが多い。
「足りない」感覚っていうのだろうか。

一方で、好きなものであったり、楽しかったことや、
感動したことなんかについては、
言いっぱなし、書きっぱなしで大丈夫で、
何らかの形でアウトプットできれば、
それで事足りているような気がする。

こういうときは、言葉足らずになるし、
聞いている人は意味が理解できない部分も多いだろうと思うけれど、
目的が違うので、たぶんOKなんだろうと思う。

自分にとって、明確に文章で書きたくなるものは
まだ輪郭のはっきりしていない、
自分でもそれが何なのかわからないものについて、まとめてみたい、と思うときで、
書きながら、何かを探る作業をしているような気がする。

違和感であったり、見えない繋がりであったり、
ぼんやりとしたものであったり。

それが、思考でも、感覚でも、感情でも、
丁寧に見たいとき、
文章を選ぶことが多いのだろう。

とはいっても、人前に立って話をしたり、
ワークのファシリテーションをすることも好きだし、
「場」を構成する要素を見ながら、感じながら、
「足りない」ことを良しとして、
その場その場で合わせていくことも、
とても楽しいし、好きだと思う。

-人生(life)
-, , ,

執筆者:

関連記事

生きることはひとつの挑戦

「生きるっていうことは、何なんだろうか」 というのは、小さい頃から常にあった問いだと思う。 こういうのを「中二病」と呼んでいるらしい、というのは ここ数年で知ったのだけれど、 大人になりきれていない、 …

「物語る権利」

終わった終わった。 今日は、会社内の某所にて、Tree of Life のワークをしてきた。昨日今日と調子が悪く、始まる前までは頭痛もひどかったけれど、はじまれば、忘れてしまう。 内省型のワークのファ …

「死」にまつわる雑感

「死」について思うことはいろいろとあるけれど、まだそれをまとめるタイミングでもないと思う。 小さい頃から「死」を意識した子どもだったかもしれない。恐怖と解放。自殺願望はなかったけれど、あっという間にお …

学びは何のため

「福智院」という、高野山唯一の天然温泉があるらしい宿坊に、「最後だから」と奮発して泊まってみた。阿吽の像のような、2体の像があった。右に龍を身に巻いた猿、左には鬼?珍しいな、いい身体してるな、と思い、 …

ピークにおわりを思うこと。人生の伏線

いつか書こうと思っていた、とても印象的な思い出がある。 小学校3年生か4年生くらいのとき。グラウンドにあった、傘の形のような、回ったり、上がったりする遊具で、遊ぶのが流行っている時期があった。(「回旋 …

プロフィール(Profile)

人生、自分、仕事、家族、他者、社会、生きること、死ぬこと、過去、未来、今、
日常ではあまり語られることのないテーマについて、見つめる、表現する、聴く、語り合う時間が、人生の中に増えればいいな、と思っています。

アーカイプ

カテゴリー