人生(life)

「自由に生きる」

投稿日:


最近、二人のひとから「自由に生きている人」認定を受けた。

二人はそれぞれ異なる意味で、「自由に生きている」という言葉を使っておられたようだけれど、今まで生きている中でそのように言われた記憶があまりなかったので、印象的だった。

「もっと自由に生きたい」と常々思っている。それは、一義的には「自分からの自由」という意味であるが、それだけでなく、実際の生活や人生的にも、できるだけ自由であることを望んでいる。

社会は変わり続けていき、それに合わせて自分の認識も更新され続けていく必要があるが、今まで積み上げてきた認識は、しぶとく脳の中に横たわっている。いや、脳の中だけでもないのかもしれない。

「自由に生きる」ことの終着点には辿り着かなさそうなんだけれど、ひとつずつでもいいから、自分のリミッターを外していきたい。

-人生(life)
-

執筆者:

関連記事

「感」(feel)

去年のクリスマスイブの朝、 目覚め前に浮かんできた今年のテーマ 「感」 デスクに貼って、 毎日目にしているのだけれど、 そうだからかもしれないけれど、 そのとおりに進んできているな、と 感じています。 …

学びは何のため

「福智院」という、高野山唯一の天然温泉があるらしい宿坊に、「最後だから」と奮発して泊まってみた。阿吽の像のような、2体の像があった。右に龍を身に巻いた猿、左には鬼?珍しいな、いい身体してるな、と思い、 …

「嫉妬」(jealousy)

あまり傍に置いておきたくない 感情である、「嫉妬」 そんな感情を自分が抱いていたことに、 気付く機会がありました。 ちょっと驚き・・・ ただ、この嫉妬の背景に、 自分の積み重ねた歴史があるだと思うと、 …

輪郭を描く

伝える、表現する、言葉を発する、ということについて 比較的、話すよりは、文章のほうが 好きだろうと思う。 特に、考えているテーマについてや、 自分について大切なものである場合、 言葉で、衝動的に、感情 …

第1回ナラティヴ・カフェ振り返り

終わりました。プロジェクターと座席の段取りが悪かったけれど、でも、助けてもらってなんとかなった。よかった。■ナラティヴ・カード初お目見え。1週間前に思いついて作り、実施は初めてだったのだけれど、当初考 …

プロフィール(Profile)

人生、自分、仕事、家族、他者、社会、生きること、死ぬこと、過去、未来、今、
日常ではあまり語られることのないテーマについて、見つめる、表現する、聴く、語り合う時間が、人生の中に増えればいいな、と思っています。

アーカイプ

カテゴリー