人生(life)

「自由に生きる」

投稿日:


最近、二人のひとから「自由に生きている人」認定を受けた。

二人はそれぞれ異なる意味で、「自由に生きている」という言葉を使っておられたようだけれど、今まで生きている中でそのように言われた記憶があまりなかったので、印象的だった。

「もっと自由に生きたい」と常々思っている。それは、一義的には「自分からの自由」という意味であるが、それだけでなく、実際の生活や人生的にも、できるだけ自由であることを望んでいる。

社会は変わり続けていき、それに合わせて自分の認識も更新され続けていく必要があるが、今まで積み上げてきた認識は、しぶとく脳の中に横たわっている。いや、脳の中だけでもないのかもしれない。

「自由に生きる」ことの終着点には辿り着かなさそうなんだけれど、ひとつずつでもいいから、自分のリミッターを外していきたい。

-人生(life)
-

執筆者:

関連記事

生きることはひとつの挑戦

「生きるっていうことは、何なんだろうか」 というのは、小さい頃から常にあった問いだと思う。 こういうのを「中二病」と呼んでいるらしい、というのは ここ数年で知ったのだけれど、 大人になりきれていない、 …

『いちご同盟』

傍にはいつも本があった。今ではもうあまり読まなくなってしまったけれど、人生の一時期、自分にとって大きな影響を与えた本を、少しずつ書いていきたい。『いちご同盟』(三田誠広)いつ頃読んだのか、はっきりとは …

「ナラティヴ・カフェ」

最近、いろいろなことがとんとんと進み、嬉しい忙しさが続いている。先日の友人たちとの再会から、自分の活動のビジョンやコンセプトが少しずつ、言葉としてまとまってきはじめた。このHPにも改良を加えてみた。プ …

ブッダの仏教と大乗仏教

空海をきっかけに、密教系の大学院に入るものの、 初期仏教にシンパシーを感じ、 今、もっぱら興味があるのは ブッダその人に近い初期仏教。 ブッダの仏教(初期仏教)と大乗仏教、 どちらも、それぞれに存在意 …

落合陽一さん(Book Yoichi Ochiai’s)

本屋さんで目にし、なんとなく手をとってみた 落合陽一さんの「超AI時代の生存戦略」 たくさん刺激をいただき、 付箋だらけ。 続いて、「日本再興戦略」も購入。 夢中になって読み進み、こちらも付箋がいっぱ …

プロフィール(Profile)

人生、自分、仕事、家族、他者、社会、生きること、死ぬこと、過去、未来、今、
日常ではあまり語られることのないテーマについて、見つめる、表現する、聴く、語り合う時間が、人生の中に増えればいいな、と思っています。

アーカイプ

カテゴリー