瞑想(meditation) 日々是好日(dairy)

『仏教思想のゼロポイント』五読目

投稿日:2019-11-21 更新日:


『仏教思想のゼロポイント』魚川祐司








ここ数日で久しぶりに読み返してみる。ところどころ内容の理解に詰まってしまうことはあるけれど、大体はスムーズに入ってくる。だけど、「こんなこと、書いてあったかな」と思うような箇所がいくつもあって、自分の記憶力に対する信頼は損なわれていく。もしくは、「理解できた」と思ったことへの懐疑。分かっていなかったんじゃないか。

毎回、心に残る部分に付箋を貼り、次回読んだときに剥がしたり、新たに貼ったりと更新していく。読むたびに付箋を貼りたくなる場所が変わっていくのだけれど、そういったことも面白い。

今回は、最近瞑想をしているからか、「如実智見」に関する記述がよく入ってきた。無為と有為、物語の世界が立ち上がるプロセス、涅槃について。あとは、「優しさ」と「慈悲」における「捨」の態度など。

何度読んでも新しい発見があるから、すごいな、と思う。どこまでこの本から学べるんだろう。「ありのままに見る」というテーマだけに絞っても、かなり、かなり面白い。ありのままに見ているつもりが、実際は「イメージ」だった、というのは瞑想コースのときに体験した。なんとなく「あのあたり」にあることだろうな、というのは分かるのだけれど、長く保つことができないからか、まだはっきりとは分からない。

何度読んでもはじめて読むときと同じくらいに入り込んでしまうのは、忘れていたり、そこまで理解できていなかったこともあるけれど、私自身の状態や変化とも関係があるような気もする。

そういえば。いま、ふと思ったのだけれど、「中道」という言葉が、おそらく一度も出てこなかった?ような気がする。仏教を説明するとき、どんな平易な仏教書でもほぼ必ず出てくるのに。実際は、「中道」という言葉を使わずに文章の中に織込められていたように思うけれど、意図的なのか、どうなのか。

今すぐ、再び読み返しても、はじめて読むが如く楽しめそうな気もするけれど。今度はもう少し別の読み方をしてみようかな。


-瞑想(meditation), 日々是好日(dairy)
-,

執筆者:

関連記事

帰還@高野山

高野山から戻ってきました。 山の上は肌寒く、 朝や夜は暖房も必要でしたが、 大阪のあたりから、暑い・・・   極楽橋駅の乗り換えで。 こちらのケーブルカーが、11月で歴史に幕を閉じるそうです …

こんな日もある。

夕方から突然の頭痛。両方のこめかみと、後頭部の下のあたりと。早く寝よう。 「誰も喜ばないだろうな」と思うことをするのは、憂鬱になる。とはいっても、見過ごせない性格はなかなか変わらない。 例えば、誰もが …

春にして君を離れ

風邪もすっかり治った。身体が楽だと気持ちも楽だというのは、しみじみ。結局、今年は桜を見なかった。こんな年があるんなんて、想像もしたこともなかったけれど、年々、こういう欲求は減っているようだ。記憶の中に …

「自分らしさ」の次

「自分らしく」「自分らしく生きる」「自分を大切に」 現代の特徴だろうな、と思う。 一時期、私自身もこの言葉をよく使っていたときがあった。もちろん今でも、自分らしくないよりは、自分らしくあることができる …

ぼんやりと・・・

昨日、はじめてのナラティヴ ・カフェが終わり、どっと疲れがでた。でも、振り返りやその後のタスクまでやっておかないと落ち着かないので、昨晩から先ほどまで完了させ、今、ひといき。でもこういうとき、少し上ず …

プロフィール(Profile)

人生、自分、仕事、家族、他者、社会、生きること、死ぬこと、過去、未来、今、
日常ではあまり語られることのないテーマについて、見つめる、表現する、聴く、語り合う時間が、人生の中に増えればいいな、と思っています。

アーカイプ

カテゴリー