京都案内 寺社仏閣(temple,shrine)

【三尾を巡る】高山寺→西明寺→神護寺

投稿日:

 弘法大師空海の勉強をしているときに知った
「神護寺」と「高山寺」へ
昨年の秋に行ってきました。
京都駅からJRバスで、約50分。
栂ノ尾で下車して、すぐ。
「栂尾山 高山寺」
こちらは表参道

{A5652741-0884-4901-8813-72DA29C69EB1}
 

誰にも会わず。空気がとてもきれいでした。

 
{2D8261AE-66E7-431D-8908-967CD6C6B9E8}
 

 
{11138A1D-1AF1-4530-8726-B5D79667EE69}
 

 
{4F22C8DA-D56D-426A-AE28-6EA84103DD35}
 

 
{79C2A77F-494D-441B-855E-C202CC7F546C}
 

 

国宝 石水院

 
{B66DD0BB-9801-4F39-AA9C-E740BB7E9FC6}
 

 

御朱印帳を預け、拝観は後ほど来る約束をして、
先に参拝を。

 
{BEB265A2-D9DA-49F6-9ED0-EBCF370F2436}
 

 

石水院のすぐ近くにありましたが、
こちら、日本最古の茶園だとか。
明恵上人が日本に輸入されたそうです。

 
{4D816B52-EDCB-47A7-991F-DE56F562FD24}
 

 

茶畑
{420A54C9-A904-4B6A-8CA2-92726776757D}
 

 

登っていきます

 
{BD6ED7A9-196B-4089-8E73-B0A0978DBE74}
 

 

開山堂
{547B15DD-162D-424F-AAA4-61CA0D4B2156}
image
 

 

そして金堂
本尊は釈迦如来像

 
{661A1FC2-9FF7-4D56-B3F7-C710F5E408FA}
 

 
{FDFBBAE3-B1E5-4103-8A1D-4E8FF72EEE88}
 

 
{1C109B8A-247D-4689-BE7B-24F04F90D802}
 
{25B6A186-E677-4D4B-87B1-039CF 260F6A1}
 
{E550F440-F2B3-4CAF-9741-5593D77093E3}
かわいい
{C411C807-828E-4DE2-B6FC-07C1669D9EDE}
さて、石水院
善財童子
{92A05259-1883-4F44-8DDA-1229B2ECC204}
そうだ、京都、行こう?
{5D06C6BC-E690-4545-9FA6-1D133B8E4BF1}
 
{8A03A1FE-55E7-43A2-928C-4AE30B3A93DB}
高山寺を後にし、西明寺へ。
清滝川の側を通ります。
 
{EF8A7193-A100-4E28-90ED-7855560FAB60}
{ED5B675B-E2B3-4CCD-B620-22E95E545184}
途中にあった神社へ参拝
 
{0928E472-FB6A-456F-AE93-62B306AA96CC}
西明寺にある、朱塗りの橋。

 

ここから清滝を眺める。
紅葉の頃も素晴らしいだろうけれど、
この冬の感じも、とても素敵。
閑かです。

 
{5DB7D07A-4CB2-4E6C-9FE1-0A61399457B1}
{73DD47CD-574E-4693-A9F6-9CB6E3AD8B8B}
槇尾山 西明寺
弘法大師の高弟 智泉大徳が

神護寺の別院として創建

本尊は釈迦如来像。
{23A6993A-79CC-49CD-9D56-DCF45BB05A34}
{56DD1A68-3E38-47DA-A2BC-877CC8BA06C4}
 
{397055E6-5934-4320-92D0-40A011333DED}
参拝が終り、神護寺に向かいます。


思わず振り返る。
{D443D013-63BE-4209-A5C3-2B85DFAFAA28}
見えてきました。
{BCB392A1-3824-42E7-B2F5-9E2B547DD4F9}
 
{B2B49857-1107-4CF6-B5BF-95B1F695ACA7}
 
{33FD826F-C3C5-47AD-9BF7-6D8BA1392048}
ここからの階段がきつかったです・・・


なんと、400段あるとか!?
{A22CC15F-81A5-42FD-BC1C-C037A70CB15E}
 
{7C49E182-A907-4162-A808-946F82745554}
 
{DEAD910A-AF49-440B-A4D2-4C12A377E815}
 
{6F4A872E-209F-4B17-93E8-F8B82DBF78CC}
境内の中は、スッキリしています。
{372DE136-0A0C-439C-9460-636CF7A1BD81}
五大堂
{41CF4479-F86C-4BB4-AC69-A5B49DA09E8D}
毘沙門堂
{EC572A18-4795-484D-B037-5769865BE082}
大師堂


この造り、とても穏やかな気持ちになります
{CA2AD92D-CCC0-41DA-B617-D1F3FBBAAA1C}
転法輪を回してみました。

{8508D3A8-9AD4-4D1D-A363-4D3F65974C9D}
大師堂の前にある、松でしょうか?
{E5ED12FE-BC28-44D0-B838-EEFC31B18E7A}
なんだか、生命力が清々しい
{D03E162B-C209-4D37-B03B-21370C3F3BE1}
遠くに見えるのは金堂

{E4475211-174A-4318-97F0-10010E07ACE5}
 
{6F280B8D-960D-4848-8EEC-3E8B16663EF0}
 
{CA995106-48AC-4C2F-914B-6A3F719020CB}
本尊は薬師如来様
脇に控えるのは、
日光菩薩、月光菩薩、四天王像、十二神将、愛染明王・・・
圧巻でした


さて、かわら投げへ
{9CEAEE98-AE7F-441A-B1F5-663F565000DF}
なんだか気になる。
お地蔵様?道祖神??
 
{2EA0BCD4-E50C-4FF7-901D-BDA1E63AC24E}
 
{C353965A-3E69-42FE-ABDE-C14D602834B1}
ここから瓦を投げるそうです。
 
{F74C0939-371B-4D57-ABC7-E0D17DBF470C}
 
{626786B4-0DA1-4444-B768-FA0F08F83CAA}
素晴らしい景色。

ひとりっきりで、とても静か。
弘法大師も、山に行けないときはここで瞑想をされていたとか?

 
{DD526050-DAEB-45E0-9F4F-37862FDE520D}
 
{E00DF2E1-5D30-4E2F-BC81-7858F62110FA}
 
{2DBA1A2B-FE24-4561-8C50-35E0AB6642B1}
どうやって投げるのか分からなかったので、
Google検索でしらべ、「こんな感じかな?」と想像して投げてみました。
とても気持ちがよかったです。
弘法大師が読んだ歌
雲蒸して タニ浅きに似たり
雷渡り手 空地の如し
颯颯として 風房に満ち
キキとして 雨アラシを伴う 云々
弘法大師『性霊集』巻第一より
階段を今度は降りていると、
雨の降ったあと?
気付かなかったけれど。
 
{C4AF79E3-2C5D-4A79-A254-906BE867F595}
赤い椿
 
{5D8EE62B-470C-43BB-9A8E-369704361B35}
 
{EAD8A4AA-4AE5-4DF0-AE84-0B36CC55A904}
目を惹かれた木
 
{4A2783CF-48D4-4868-988B-BBDBB81DE77C}
 
{75E5F355-3655-40F8-943A-220F19A463B6}
御朱印
高山寺
{E213FEFE-4B41-4FC1-847A-874628DF077F}
西明寺
{F25E6375-23D0-4A49-AFF0-5C0EB18A0E20}
神護寺

 
{56979B6E-1930-4513-97A4-9BF28B8F6C30}
 

西明寺でいただいたお守り(最右)と、
神護寺でいただいたお守り
 
{CBC6CA1B-F472-484B-91DA-A091A416F527}
 

バスで戻り、自宅近くになって
ぽつぽつ雨。
有難き一日でした。

-京都案内, 寺社仏閣(temple,shrine)
-, , ,

執筆者:

関連記事

スターバックスを超えるもの

もうながく、ずっとスターバックス派だった。それはなにも、スターバックスが好きだから、という理由ではなく(いや、好きなんだけれど)、空間、コーヒー、価格、客層などすべて含め、ちょうどいい感じだったからだ …

清明神社(Seimei Shrine)

京都の寺社仏閣をご紹介。   まずは、陰陽師の安倍清明で有名な 「清明神社」 女性に大人気の神社です。   京都駅から、市バス「9番」に乗って 「一条戻橋・晴明神社前」で降りると、 …

青森は素敵な場所だった

先週末、2泊3日で青森へ行ってきた。主な目的は、かねてより「最終の地」と心に留め置いていた恐山への参拝だった為、旅ルートはそれを中心に組み立てることになった。とはいえ、前日夜の荷物の準備、そして、行き …

学びは何のため

「福智院」という、高野山唯一の天然温泉があるらしい宿坊に、「最後だから」と奮発して泊まってみた。阿吽の像のような、2体の像があった。右に龍を身に巻いた猿、左には鬼?珍しいな、いい身体してるな、と思い、 …

【パワースポット】神泉苑と善女龍王/御朱印(Shinsen-en shrine)

 (お正月の様子) 神泉苑と善女龍王 もう、20年前から通い続けている「神泉苑」 ■ウィキペディア https://ja.wikipedia.org/wiki/神泉苑 こちらに詳しい説明が書いてありま …

プロフィール(Profile)

人生、自分、仕事、家族、他者、社会、生きること、死ぬこと、過去、未来、今、
日常ではあまり語られることのないテーマについて、見つめる、表現する、聴く、語り合う時間が、人生の中に増えればいいな、と思っています。

アーカイプ

カテゴリー