ナラティヴ ・カフェ 日々是好日(dairy)

【訂正】当事者研究とナラティヴ ・アプローチの異同

投稿日:


前回、「妖怪セラピー」をきっかけの当事者研究とナラティヴ ・アプローチのことを書いたのだけれど、それはそれでよいのだけれど、どうも間違った気がしてきた。1日に3回くらいそのことが思い浮かんでくるので、いっそ訂正記事を書いてしまおう、と思う。でも、まだぼんやりとしか見えていないので、訂正記事自体も間違っているかもしれない。でも、書いてみよう。落ち着きたい。




(前回までのあらすじ)
妖怪セラピーがヒントとなり、「妖怪」をテーマにして当事者研究をやってみたい!

同僚に、「外在化みたいなのですか?」と言われ、「そうだけど・・・(違和感)」となる

違和感の正体がわかる。
①「妖怪」という存在の捉え方
→単なる外在化じゃない!「妖怪」の社会的文脈が肝なのだ!
②当事者研究における外在化の位置付け
→自己病名は外在化だけど、外在化じゃない!専門知からの脱却だ!

(まとめ)
「私が個人的に各分野で大切だと思っていること」
ナラティヴ・アプローチ:その人のストーリー、語りの力やディスコースの検討
当事者研究:専門知や向上、成長、回復に類する文脈からの脱却
妖怪セラピー:「妖怪」という社会的多面的存在と個人内の文脈との相互作用




これでキレイにまとまっていたのだけれど、「いや待てよ。ナラティヴ ・セラピーって、どちらかといえば「専門知」とけっこう対極にあった気が・・・。どちらかというと当事者研究寄りな・・・スタンスが・・・
つまり、




②当事者研究における外在化の位置付け
→自己病名は外在化だけど、外在化じゃない!専門知からの脱却だ




これは、ナラティヴ ・セラピーでの「外在化」でも同じ構図になるのではないだろうか。とすると、少し乱暴な言い方になるかもしれないが、「外在化=専門知からの脱却」になるのかもしれない。専門知から脱却しない外在化って、あるのだろうか。




そうすると、そもそもここで感じた違和感は、私の勘違いということになる。
もうひとつ後で気がついたことがあって、タイトルに「当事者研究とナラティヴ ・アプローチの異同」とあるのに、「違い」の部分について書いていなかったかもしれない(あのときは、それが「外在化」だと思っていたのかもしれない)




改めて書くとすると、以下のような点かな、と思う。




当事者研究:「当事者」「研究」
ナラティヴ ・セラピー:「当事者と援助者」「セラピー」




とはいっても、ナラティブ・セラピーのほうは、標準的に語られる「援助者」とはスタンスが違う。「当事者と、当事者以外の他者」としたほうがいいのかもしれない。




 当事者研究  ナラティヴ ・セラピー
1)当事者 VS   当事者と当事者以外の他者
2)研究  VS   セラピー




ここははっきりとした違いとして現れてくると思う。とはいえ、スタンスとして共通の部分もかなり多いと感じているので、両者の親和性は強めだろう。ここに、オープンダイアローグも入ってくると思うのだけれど、複雑になりすぎて(←いや、私が詳しくないから)全体の構図がよくわからない。あと、当事者研究の「当事者」についても、治療的な意味での「当事者」のみではじまった活動ではなく、そこに支援者はいて、ただスタンスは通常のそれとは違っていただろう。今広がりを見せている当事者研究でも、ファシリテーター(と呼んでいいのかはわからないが)や、参加者、聞き手がいて成り立つわけで、そのあたりを考えると、「当事者とはなんぞや」とか「当事者研究って、本当に当事者研究なの?」という疑問も出てくるし、1)に至っては、当事者研究とナラティヴ ・セラピーの違いはないような気もしてくるし、とすると、最終的な違いは、もしかしたら2)だけなのかもしれない。




なんだか、最後の方はぐだぐだになってしまった。また「間違ってしまった。。」と思ってしまうような気もするのだけれど、備忘録として。

-ナラティヴ ・カフェ, 日々是好日(dairy)
-, ,

執筆者:

関連記事

スターバックスを超えるもの

もうながく、ずっとスターバックス派だった。それはなにも、スターバックスが好きだから、という理由ではなく(いや、好きなんだけれど)、空間、コーヒー、価格、客層などすべて含め、ちょうどいい感じだったからだ …

ミドリカンパニー

ここ数年、ミドリカンパニーの手帳を使っています。来年の手帳はこちらのブログに。 ミドリさん、との最初の出会いは、MDノート。紙の質感がよくて、愛用してきました。そして、ミドリさんのものと知らずに「この …

ぼんやりと・・・

昨日、はじめてのナラティヴ ・カフェが終わり、どっと疲れがでた。でも、振り返りやその後のタスクまでやっておかないと落ち着かないので、昨晩から先ほどまで完了させ、今、ひといき。でもこういうとき、少し上ず …

憂鬱さは続くけれど

愛想がいいかどうかと言われれば、「よくはない」。たとえば、企業訪問へ行ったときであったり、自分から何かアクションをとるときは、「愛想よく」見えるかもしれないとは思うし、実際にそうしているかもしれない( …

東郷青児展(Seiji Togo)

先日、あべのハルカス美術館で行われていた 東郷青児展へ行ってきました。   宇野千代さんとの関係で、お名前は知っていましたが、 こちらの絵をみて、どんな画風の方なんだろうな、と思い。 &nb …

プロフィール(Profile)

人生、自分、仕事、家族、他者、社会、生きること、死ぬこと、過去、未来、今、
日常ではあまり語られることのないテーマについて、見つめる、表現する、聴く、語り合う時間が、人生の中に増えればいいな、と思っています。

アーカイプ

カテゴリー