日々是好日(dairy)

エスカレーターの恐怖

投稿日:


誰でも、なにかしら、
「こんなことで?」
と言われるような、苦手さをもっている思うのだけれど、
「エスカレーターの最初の一歩」が、未だに怖い。




ちょっと話は変わるのだけれど、
まず、「エレベーター」と「エスカレーター」が
どっちがどっち?で混乱する。




まったく覚えられず、よく間違えていたので、
難しい名前(長い名前)が、簡単な作り(階段)のほうで、
簡単な名前(短い名前)が、複雑な作り(大きな箱)のほう、
という覚え方をした。
クロスの掛け合わせ。




未だに、名前をいうときに、一度うえの流れを確認して、
「ああ、これはエスカレーター(簡単な作りのほう)だ」
と確認する。
どうしても、「そのもの」と「名前」を、合わせて覚えることができない。
他のものは覚えられるのに、なんでこれだけ覚えられないんだろう。




というわけで、「エスカレーター」。
階段みたいになっているやつ。
あれの、降りるエスカレーターに乗るときの最初の一歩が
未だに怖い。




乗る前に、
「いち、にの、」と心の中で言葉を添えて、
階段を見つめ、
準備があって、はじめて右足が出せる。
手はかならず、手すりに置かないといけない。
結局、1~3段くらいは見送っている。




誰かと一緒に歩いている場合、
迷ってしまう。




乗れるような気がしてしまうのだ。
だから、スピードをゆるめずに歩いてみるのだけれど、
直前になって、やっぱり怖くなる。




相手がスムーズにのってしまうと
焦りが加わり、さらにぎくしゃく。




そして、あわてて飛び乗り、
変な体勢になってどきどきするか、
一旦相手から離れ、立ち止まり、
自分のペースで乗るか。




うしろに人が続いている場合も、やはりいろいろと考えてしまう。
3段までなら許されるのではないかと思う。
だけど、タイミングをつかみそこねると、
もう一回「いち、にの」が必要となり、
けっこうな時間がかかっている。




反対に、エレベーター(大きな箱)は、
まったく、何も大丈夫なのだ。
止まったり、落ちる心配で、怖くなることは
まずない。




エスカレーターから降りるときも大丈夫で、
昇るエスカレーターに乗るときも大丈夫。
降りるエスカレーターに乗るとき限定。




何が怖いのだろう、と思う。
小さい頃は、あの階段の吸い込まれるあの奥に
足が入ったらどうしよう、ぎざぎざになってしまう、
と思っていた記憶はあるけれど、
それだと、「エスカレーターから降りるときの怖さ」になると思うので、
違うと思う。




たぶん、階段の境目に立ってしまい、立体に変わったときに、
バランスを崩すのを想像して、怖くなっているような気がする。




でも、バランスを崩したところで、
たいしたことは起きないのも、分かっている。
手すりをもっていたら、こけないことは分かっているのに、
それでも、いまだに慣れない。
なんなのだろう。

-日々是好日(dairy)
-, ,

執筆者:

関連記事

「サンガ」システムと、年功序列型社会

100分de名著シリーズの 「ブッダ 真理のことば」の中に サンガのシステムについての言及部分があった。 ブッダが考えだしたシステムで、 「執着を生まれさせない」仕組みとして紹介してあったのだけれど、 …

好きと嫌い、どっちを優先する問題

私の悩みのひとつに、「嫌だと思ったものは、本当に嫌だ」というのがある。よく言えば、無駄がない、ともいえるのだけれど、「食わず嫌い」「最初の印象に縛られすぎ」という側面もあって、成長の機会を奪ってしまう …

壊れたり、壊れたり。

先週、自分主催某イベント直前に、USBがパキッと割れ、プロジェクターが動かなくなり、アナログ(紙での印刷)に切り替えるという事態が生じた。そして今日、先々週くらいから調子が悪かった携帯の充電器を、先週 …

朋あり 遠方より来る

楽しい時間は、あっという間に過ぎていく。 今日は、会社の同僚で、以前よく一緒に過ごしていた、今では友人たちでもある二人の素敵な女性が、わざわざ東京から来てくれた。 今まで数社で働いたけれど、社外でも付 …

帰省

寒波の影響で、地元に戻れるかどうか心配だったけれど、なんの問題もなく。スタバで一服していると・・・ 一服しすぎて、新幹線に乗り遅れそうになるなど。そして、海の景色は毎回だけれども「帰ってきたな」と思わ …

プロフィール(Profile)

人生、自分、仕事、家族、他者、社会、生きること、死ぬこと、過去、未来、今、
日常ではあまり語られることのないテーマについて、見つめる、表現する、聴く、語り合う時間が、人生の中に増えればいいな、と思っています。

アーカイプ

カテゴリー