日々是好日(dairy)

分人と再生と真たるものと

投稿日:

平野啓一郎さんが、「分人」という概念を提唱されていて、
それはなるほど、そうだな、と思う。

分人主義

あるときから、一個の個人、分けられることのない個人、
唯一の個人、というのは、あるのだろうか、あっても特定ができないし、
それぞれの自分、すべて自分、というほうが、自分の感覚にフィットするようになった。

いっぽうで、唯一ではないものの、「真たる自分」というのも、なんだかいるような気もしている。

「真たる自分」とは、いまふうにいえば、ありのままの自分、本来の自分、あるがままの自分、ともいえるのかもしれないけれど、この言葉を使ってしまうと、ちょっとな、という気持ちもある。

ただ、実感値として、たしかにTPOに合わせて、そして環境によって生まれ出てくる自分がある(頑張っている感じもない)と感じる一方、初めての環境や人と相対するとき、以前よりも、より自然だと感じる自分に気がつくこともある。たとえば職場においてや、仕事をするときでも、スタイルが変わったな〜と思ったり。

それを仮に「真たる自分に近づいてきている現象」とする。
そうすると、真たる自分とは、より緊張感や固着が抜けている状態、といえるのだろうか。

同様の現象の別の見方として、「新たな自分が湧き出てくる」という見方もできるかもしれない。
どんどんと、自分の知らない自分が生まれでてくる。

少し前のものだったらまだしも、
かなり昔に生まれた自分を、今、再現することは、正直難しい。
もう、変わってしまったのだと思う。

そう考えると、横軸(時間軸水平線)では「分人」で、
縦軸(時間軸垂直線)では、「再生」で、と考えるといいのだろうか。
「再生」は、記憶や思考という遺伝子に運ばれる再生と、
遺伝子が置き換わる再生と、2種あるのかもしれない。

そしてその先に、「真たる自分」に近づくか、遠のくかは、また別の軸があるように思う。

-日々是好日(dairy)
-, ,

執筆者:

関連記事

ハッピーバースデー

昨日が早かったからか、4時に目が覚めた。カーテンを少し開ける。段々と空が白くなっていく。ベッドの中でぼーっとしながら、「10年前、何をしていたかな」と思う。すぐには思い出せない。区切りの出来事から段階 …

空間、好奇心と野蛮さ、信仰など

三が日の街の感じが、好きである、以前、某ファーストフード働いていたとき、お正月三が日の、特に1月1日の早朝から午前少し前くらいまでのお店の雰囲気と客層が、いつもより静かで、一人のお客様が多くて、しかも …

こんな日もある。

夕方から突然の頭痛。両方のこめかみと、後頭部の下のあたりと。早く寝よう。 「誰も喜ばないだろうな」と思うことをするのは、憂鬱になる。とはいっても、見過ごせない性格はなかなか変わらない。 例えば、誰もが …

はじめてのこと

今日、はじめてのことをするのだけれど、 こんなタイミングは、少し緊張をする。 シェア会なので、 半分遊び、みたいな感覚ではあるのだけれど、 他者の時間と、いくばくかのお金が支払われることを考えると、 …

商売繁盛

家に保管している本は、もうかなり少なくなったのだけれども、それでも一定数は常に存在している。数か月、もしくは年単位で見直し、もう既に自分の中での旬ではなくなったものについては、アマゾンに出品したり、古 …

プロフィール(Profile)

人生、自分、仕事、家族、他者、社会、生きること、死ぬこと、過去、未来、今、
日常ではあまり語られることのないテーマについて、見つめる、表現する、聴く、語り合う時間が、人生の中に増えればいいな、と思っています。

アーカイプ

カテゴリー