日々是好日(dairy)

捨てたい欲求と所有の便利さ

投稿日:


料理はほとんどしないのに、
そうじは好きだったりする。
部屋の片付けも好きで、
職場では、公認の整理整頓担当でもある。




自分の部屋は、当たり前だけれど自分好みに整えられていて
置いてあるものは、そんなに少ないわけでもないけれど、
多すぎることもないと思う。




数か月に一度、大整理整頓日があるのだけれど、
「いつか使うかも」と思う資料や服を捨てたとき、
一瞬、すごい興奮がやってくる。




「捨てる」という行為自体を、愛しているような気もする。
もう少し拡大していうと、「なにも無い」という状態を
愛しているのかもしれない。




いつか仕事の役に立つかも、という書類(つまり知識)を捨てるとき
けっこうなお金を出して買った衣類を捨てるとき
「懐かしさ」だけになってしまった思い出の品を捨てるとき
仕事や職場を離れるとき
人と別れるとき




自分の中にある純粋でないこだわりを
場合によっては、純粋なこだわりさえも、
思い切って手放すことと言い表せるかもしれないし、
実際にそんな感覚ではあるのだけれど、
それとはべつに、どうも「何もない」こと自体に対する
圧倒的な心地よさであったり、愛する気持ちがあるようにも思う。




それは私の死ぬ場面にも表れていて、
骨をすべて打ち砕いて、できるならば散骨で、
あとに何も残らないようにしたいという思いが、
小さい頃からあったりする。




「風」になりたい、という、冗談だけれども
半分本気の思いが、小さな頃からあり、
散骨になれば、風になって、
どこにでもいけるような気がするからかもしれない。
今でも、風が吹くと誰かに、何かに触れたような気がして、
幸せな気持ちになる。
「ゼロになる」というのは、私の中では、
枷がなくなる、という感覚らしい。




でも、生きていくとき、ゼロにはなることはできない。
どこかに足をつけるし、誰かと離れても、誰かとの出会いがある。
知識も吸収したいという欲求があるし、
新しいことに取り組みたいという欲求もある。
持っていると便利なものもあって、
「捨てて」しまったところで、また何か新たなものが入ってくるのだ。




そしてまた、枷も嫌いでもない。
このあたりのバランスをとるのが、難しいな、と思う。

-日々是好日(dairy)
-, ,

執筆者:

関連記事

エスカレーターの恐怖

誰でも、なにかしら、「こんなことで?」と言われるような、苦手さをもっている思うのだけれど、「エスカレーターの最初の一歩」が、未だに怖い。 ちょっと話は変わるのだけれど、まず、「エレベーター」と「エスカ …

洗濯日和

レポートの送付を無事すませて、 その後はスタバでお茶をしたり、読書をしたり。 日差しが強くなってきたので、自宅に戻り 洗濯洗濯。 (週末は寒くなるらしい) 「8(エイト)マインドフルネス・ステップ」 …

整理整頓

最近、整理整頓が着々と進んでいる。 前から、個人的には好きではあったのだけれど、 更に。 途中、迷いが生まれるときもあって、 もう少し残しておくか、もう終わりにするか。 使っていないもので、愛着があっ …

はじめてのこと

今日、はじめてのことをするのだけれど、 こんなタイミングは、少し緊張をする。 シェア会なので、 半分遊び、みたいな感覚ではあるのだけれど、 他者の時間と、いくばくかのお金が支払われることを考えると、 …

追いつけないけれど、ほどよく活用

ナラティヴ・カフェを定期的に実施することにしたので、準備を進めている。とはいっても、規模も小さいので、仕事が終わった後とか、休みの日にちょこちょこパソコンをいじったり、出かけたりするくらいで大丈夫。チ …

プロフィール(Profile)

人生、自分、仕事、家族、他者、社会、生きること、死ぬこと、過去、未来、今、
日常ではあまり語られることのないテーマについて、見つめる、表現する、聴く、語り合う時間が、人生の中に増えればいいな、と思っています。

アーカイプ

カテゴリー