日々是好日(dairy)

「打ち砕かれる」

投稿日:2019-01-31 更新日:


今日、修士論文の口頭試問が終わった。
案内のとおり、90分だった。
正確には87分。
副査は、民俗学・歴史学の先生と、日本古典文学の先生。




さてまあ、いろいろとあったのだけれど。




会場についたら、女性の方が先生と話しておられ、かなり深刻。控え室で少しお話をすると、「笑顔が見られてよかったわ。絶対合格してね」と、深刻な表情で言い、帰っていかれた。背景がよくわからなかったけれど、きっととても厳しい時間を過ごされたのだろうな。呑気な笑顔は人に癒しを持たらすのだろう。そして私は、きたるべき時がどんなときかのイメージができた。待合室で最後の10分くらいは、外の景色を眺めていた。木々、雪、雨。




そしてはじまる。主査の先生の質問に、2つほど、曖昧な、あるいは間違った理解の回答をしてしまい、あーあ、やっちゃったな、と。一つはフロイトに始まる精神分析的アプローチがどのような変遷をたどり、なぜ、ナラティブ・アプローチが要請されたのか。二つめは、「感情労働」の説明について。どちらも、先生との面談の中で何度がテーマに挙がっていて、説明をしてくださっていたのに、自分の中に落とし込めていなかった・・・。




そして、前者のテーマが、副査の先生とのやり取りの中で見事に現象として浮かび上がり、終わった後に主査の先生に、「ね、知らない人からみるとこうなるから、精神分析からの流れの説明が必要だよね」と。いや、ほんとそうだわ。やっとわかった。こういうことか。




他にもいろいろとあったが、無事終了。終わったあと、すぐバス停に向かう。頭の中はぼーっとしていて、「国破れて山河あり」という言葉が思い浮かんだ。なぜ思い浮かんだのかよくわからなかったけれど、たぶん、作り上げた自分のいろいろなものが跡形もなくなくなり、ただ自然が現す何か、だけが残っていたのだろう。バスに長時間揺られ、来るときもだったけれどバス酔いし、ぼっーっとしたままバス、電車、乗り換えの旅へ。




結果についてはわからない。どうも少ししか不合格にならないようだけれど、自分の相対的な評価については、まったく未知。そこにあったのは主観だけ。




わたしは、まったくもって打ち砕かれていた。ここまでコテンパンに、木っ端微塵に打ち砕かれる経験は、大人になると早々ない。築き上げたいろんなものも、確保したいいろいろなものも、すべてが無に帰す。自分の存在が、どれだけ小さく、むしろ無であるという事実を目の当たりにしたような。




そしてそれは、しばらくすると心地よさも伴ってきた。「打ち砕かれる」ことは、もしかしたら、とても貴重なことなのかもしれない。圧倒的な自己破壊(ほんとはそんな大げさな話じゃない)。




ペーパー試験なら、終わったら「わーい!」って感じだけれど、面接試験ってやつは、すごくくる。




とはいえ、これを書いたらひと段落。日常に戻ろう。

-日々是好日(dairy)

執筆者:

関連記事

学びは何のため

「福智院」という、高野山唯一の天然温泉があるらしい宿坊に、「最後だから」と奮発して泊まってみた。阿吽の像のような、2体の像があった。右に龍を身に巻いた猿、左には鬼?珍しいな、いい身体してるな、と思い、 …

「哲学的な何か、あと数学とか」

「哲学的な何か、あと数学とか」 ゲーテルの不完全性定理の理解の助けとして ご紹介いただき、 数学と物理が苦手な私に、内容が理解できるかな、と思ったけれど、 この本の主役である、フェルマーの最終定理にま …

継続すること

子どもの頃から、継続することに苦手意識があった。飽き性なので、勉強も習い事も、思いついた後のとっかかりは早いもののそんなに長くは続かなかった。勉強は、そもそもそんなに好きではなかったけれど、テスト前に …

病院嫌い

たぶん、嫌いだと思う。病院に行くときは病気になった時なので、それで嫌な思い出があるのかな、と思ったけれど、小さい頃の病気は大体風邪で、風邪になると学校が休めるので、嫌なわけがない。注射もそれほど嫌いで …

こんな真夜中に

気分が良くて、noteを書く。 少し眠ったら体調も良くなって、ビデオを見たり、うだうだやっているうちに、腹が据わって勉学に励む。 やりたかったところまで済んだので、昨日の目標は達成。 夕方に寝てしまっ …

プロフィール(Profile)

人生、自分、仕事、家族、他者、社会、生きること、死ぬこと、過去、未来、今、
日常ではあまり語られることのないテーマについて、見つめる、表現する、聴く、語り合う時間が、人生の中に増えればいいな、と思っています。

アーカイプ

カテゴリー