スターバックスを超えるもの

日々是好日(dairy)


もうながく、ずっとスターバックス派だった。
それはなにも、スターバックスが好きだから、という理由ではなく(いや、好きなんだけれど)、空間、コーヒー、価格、客層などすべて含め、ちょうどいい感じだったからだと思う。何か集中して作業をしたいときは、家よりも、ある程度雑音があるほうがはかどる場合が多い。そういった「雑音」があるのもスターバックスの魅力だった。おしゃれなカフェだったり、純喫茶風のものも、誰かと行くならちょうどいい。だけどひとりだと、自分の存在が大きくなっているように感じて、どうも落ち着かない。コーヒーを飲んだらすぐに出て行ってしまうので、ちょっともったいなく感じる。その点スタバだったら、自分の存在がいろいろなものに紛れて、ちょうどいい。

ところが最近、スタバを凌駕するお店が現れた。今さらながらだけれど、タリーズである。タリーズの戦略はよく知らないけれど、今までも折に触れ活用はしてきたけれど。

こうやってブログを書いたり作業をするのにいい場所はないかと、常々アンテナは張っていた。今まではお気に入りスタバが3つあり、その日の気分やその後の予定に応じて、お店を選択をしていた。そして今、ある場所にあるタリーズが、3つのスタバを超え、トップに躍り出てしまった。

場所はいうまい。言ったら人が増えるから(せこい。。。)。
だけれど、そのタリーズは、都市部にあるにも関わらず空間がかなり広く、机と椅子の感じもベストで、お客さんの立地に対するお客の少なさも最高で、特に今日のようは平日の午前だと、ああもう毎日ここに来たい、と思えるほどの場所なのだ。

来月からBreakfast Meetingというのを企画したのだけれど、もしこのお店が、土日の朝も人が少ないのだとしたら、ぜひ実施したいと思うくらいにすばらしい。難点があるとすると、京都外から来るひとは、何度か乗り換えが必要なことと、あと、コーヒーがあまり?というくらい。

コーヒーの味については、今までなんとも思ったことがないので、今日の味が合わなかったのかもしれない。継続観察していこう。
とりあえず、今は暫定1位。

タイトルとURLをコピーしました