旅(travel)

ハノイにあって思うこと

投稿日:


ベトナムへ、3日ほど行ってきた。

特に絶対にベトナムに行きたかったわけではないのだけれど、どこかアジアに行きたいと思い、連れて行ってくれそうだと頭に思い浮かんだ人が、ベトナムに留学していたことがあり、ハノイへ行くことになった。

遠方へは出向かず、2日半ほどハノイ市内を散策していたのだけれど、バイクと車と人が縦横無尽に行き交う道に、ずいぶんと疲れてしまった。たまに信号機もあるのだけれど、守られないことも多い。普通の道は、それが幅の大きな道でさえ、みんなが目測で渡って行く。ひとりだったら、怖くて渡れなかっただろう。あまり人と手をつないだりしないほうだけれど、今回ばかりは手を繋がさせてもらった。

旅本によると、この時期のハノイの気温は二十度後半と書かれていたのだけれど、実際は2日目が三十六度、3日目が三十七度だった。どうも体感は四十度超えだったようで、ハノイで今年一番の暑さだったらしい。

カオスな喧騒にエネルギーを奪われ、早々に雑貨を見ることにも飽きてしまった。食べるものにもそれほどの情熱はなく、そして、相手に頼りっぱなしで主体性を無くしていった結果、足にできた水ぶくれや、もしかしたら風邪かもしれない症状もあり、歩き回るのに疲れ、最終日の午後は、一人でホテルで寝ていた。

ホテルに一人でいたのは3時間くらいだったけれど、とても長く感じた。相手がもっていた雑誌を4度は読み、それでも時間が余った。何もすることがなく、寝ることにも疲れてしまったのだけれど、部屋に備え付けてあったパソコンを開き、いつも見ているnoteやブログを読むと、なぜだか安心した。戻ってきた感じ。日本を、あの代わり映えのない日常を、愛していたらしい。







-旅(travel)
-,

執筆者:

関連記事

ハノイにあって思うこと②

ハノイから戻って3日が過ぎ、断片的に思い出す光景がある。前の投稿でも書いたのだけれど、ハノイの街は観光地化が進んでいるとはいえ、ほとんどの道路に信号機がなく、車とバイクと人が縦横無尽に行き交っている。 …

ウブドで沐浴をする

ウブド中心部からは外れた、 静かな祈りの場に行ってきました。 「PURA MENGENING」 世界遺産のようです。 まず最初に、こちらで祈りを捧げます その後こちらで、沐浴をしました。 サロンを巻い …

ウブドの町を歩く(サラスワティ寺院、スターバックス)

先日、一週間ほどバリのウブドへ行ってきました。 2回目の訪問でしたが、大好きな町。   中心部にあるサラスワティ寺院に行ったとき、 すぐ横にあるスターバックスに目を惹かれ、 行ってみました。 …

ウブドでの買い物

続きです。   ウブドはアートの町とも言われますが、 前回訪問時に買ったものは、今もお気に入りだったため、 今回も素敵なものがあればな、と思っていました。     出会っ …

神島へ(鳥羽、三重)

昨日は、神島へ行ってきました。 近鉄特急で、まずは鳥羽駅へ行き、 そこから船で神島へ。 乗車時間は約45分です 近鉄特急へ乗っているときは、まだ黒い雲が立ち込めていましたが、 鳥羽は快晴。 海も空も水 …

プロフィール(Profile)

人生、自分、仕事、家族、他者、社会、生きること、死ぬこと、過去、未来、今、
日常ではあまり語られることのないテーマについて、見つめる、表現する、聴く、語り合う時間が、人生の中に増えればいいな、と思っています。

アーカイプ

カテゴリー