日々是好日(dairy) 京都案内

二條若狭屋さんの「やき栗」

投稿日:2018-10-28 更新日:

今日は、帰宅時に和菓子を買ってきました。

 

二條若狭屋さんの「やき栗」



 

いただいたのは、2度目かな?

ほろほろと、栗が口の中に広がり、
とても美味しくいただきました。

-日々是好日(dairy), 京都案内
-, , ,

執筆者:

関連記事

分人と再生と真たるものと

平野啓一郎さんが、「分人」という概念を提唱されていて、 それはなるほど、そうだな、と思う。 分人主義 あるときから、一個の個人、分けられることのない個人、 唯一の個人、というのは、あるのだろうか、あっ …

「自分らしさ」の次

「自分らしく」「自分らしく生きる」「自分を大切に」 現代の特徴だろうな、と思う。 一時期、私自身もこの言葉をよく使っていたときがあった。もちろん今でも、自分らしくないよりは、自分らしくあることができる …

神泉苑の恵方社「歳徳神」(Shinsen-en shrine,Saitokushin)

神泉苑の恵方社/歳徳神 歳徳神   神泉苑の中には、日本で唯一の恵方社があり、 「歳徳神」という神様が祀られています。 関西には「恵方巻き」という文化があるのですが、 恵方とは、その年の吉方 …

悲喜こもごも

一昨日、待ちに待っていた口頭試問の案内が届き、心臓が、大げさにではなく、大きく鼓動を打ち続けた。 なぜ、1時間半もあるのか。1時間半といえば、「90分」。90分もいったい何をするっていうんだろう。そん …

スターバックスを超えるもの

もうながく、ずっとスターバックス派だった。それはなにも、スターバックスが好きだから、という理由ではなく(いや、好きなんだけれど)、空間、コーヒー、価格、客層などすべて含め、ちょうどいい感じだったからだ …

プロフィール(Profile)

人生、自分、仕事、家族、他者、社会、生きること、死ぬこと、過去、未来、今、
日常ではあまり語られることのないテーマについて、見つめる、表現する、聴く、語り合う時間が、人生の中に増えればいいな、と思っています。

アーカイプ

カテゴリー