瞑想(meditation) 人生(life)

四聖諦の教え①

投稿日:2018-09-10 更新日:

ブッダが初転法輪で伝えたもののなかに
「四聖諦」があります。

・苦諦は、この世の一切は苦であること、
・集諦は、その生成原因が渇愛であること、
・滅諦は、苦しみを滅する道があること。涅槃
・道諦は、苦しみを滅する道は、八正道であること

これは、苦しみの生成にまつわる真理であり、
それぞれにおいて、

1)それが真理であることを正しく知り(示転)
2)それに従って適切な実践態度をとり(勧転)
3)理論と実践が一致し、会得する(証転)

という、三転十二相行によって、自覚をしたとブッダは言っています。


最初の苦諦では、八苦が挙げられています。

・生苦(生まれる苦しみ)
・老苦(老いる苦しみ)
・病苦(病気の苦しみ)
・死苦(死ぬ苦しみ)
・愛別離苦(愛するものと別れる苦しみ)
・怨憎会苦(嫌いな人と出会う苦しみ)
・求不得苦(求めるものが得られない苦しみ)
・五蘊盛苦(五蘊の苦しみ)

今行っている研究では、
「求不得苦」が代表的なテーマになっていますが、
その時代を表す苦や、自分を表す苦なども
ありそうです。

自分のことで考えてみると、
怨憎会苦によって、心が乱されることが多いような気がします。

しばらく、自分の中の苦の生成プロセスについて
観察してみたいと思っています。

-瞑想(meditation), 人生(life)
-, ,

執筆者:

関連記事

ピークにおわりを思うこと。人生の伏線

いつか書こうと思っていた、とても印象的な思い出がある。 小学校3年生か4年生くらいのとき。グラウンドにあった、傘の形のような、回ったり、上がったりする遊具で、遊ぶのが流行っている時期があった。(「回旋 …

四聖諦の教え②

四聖諦は、それぞれが縁起(因果関係)の構造になっています。 集諦により、苦諦が生まれる。 道諦により、滅諦が生まれる。 苦は集より生じ、 道によって、苦は滅せられる。 「苦諦」について ーーーーーーー …

髪を切る、ってありがちで

少し気分が塞いでいたのも関係しているのか わからないけれど、 突然、髪のイメージを変えたくなった。 大学生の頃は、周囲に違わず 髪を茶色く染めたり、パーマをかけたりしていたのだけれど、 就職をして、「 …

できるだけ身軽にしたい

いつ頃からだろうか。一番最初に気が付いたのは、引っ越しのときだったような気がする。必要最小限のものだけをもって引っ越しをしたとき。次は、仕事を辞めたときだったと思う。所属するものがない不安定感と気持ち …

彩り

年度末。大型GWは、日曜日以外は仕事の可能性があった。もともと遠出をするつもりはなかったけれど、どんなシフトになるのか気になるところ。昨日仮案が発表され、大体のイメージが見えた。連休がある。何をしよう …

プロフィール(Profile)

人生、自分、仕事、家族、他者、社会、生きること、死ぬこと、過去、未来、今、
日常ではあまり語られることのないテーマについて、見つめる、表現する、聴く、語り合う時間が、人生の中に増えればいいな、と思っています。

アーカイプ

カテゴリー