ナラティヴ ・カフェ

妖怪「かべドン」

投稿日:2019-11-10 更新日:


断捨離作業が進んでいる。
今回は、「必要ないもの」だけでなく、「愛着が強い(あると安心。好き。)が、必要性はほとんど発生していないもの」のほうがメインなので、途中辛い気持ちになることもある。お弔い儀式が必要で、別れの儀式が必要なのだ。寂しさ。でも処分する。

先日、有志で集まって妖怪セラピーを少しアレンジしたワークをやってみた。タイトルは、「妖怪さんがやってきた」。












わたしを含めて3人で夜のスタバでしてみたのだけれど、みんなの妖怪が面白い。名前は忘れたけれど、「つんつん」引っ張ってくる妖怪とか、「必要ないんじゃないの?」と呟く妖怪とか。

私が見つけたのは、妖怪「かべドン」。








いろいろと不具合があるときに私の前に立ちはだかり、ただ立っているだけなんだけれど、大きな透明の箱に入っているので、近づくものを入らせない、そんな妖怪なのだ。

そんな妖怪のプロフィールや、苦手な場面や妖怪との影響の度合いなどをその後考えていくのだけれど、最後、未来の話になったとき、3人とも「何もかわらない」「(ほぼ)このままでいく」という答えに辿りついたのが、面白く、興味深かった。ええんや、それで。
さっそく昨日、妖怪「かべドン」がやってきて、「これか~」と目の当たりにするなど。

再来週かな?妖怪をモチーフにした当事者研究をするけれど、そこでは何が現れてくるのか、とても楽しみ。資料作りの中で日本の妖怪について少し調べていたのだけれど、「小豆あらい」とか「いったい何のためにいるんだ!」と突っ込みたくなるように妖怪がたくさんいて、きっと楽しい時間になるでしょう。

今から少し用事があるけれど、自宅に戻ったら、再び整理整頓作業に励むとしよう。
よき休みになりますように。

-ナラティヴ ・カフェ
-,

執筆者:

関連記事

第1回ナラティヴ・カフェ振り返り

終わりました。プロジェクターと座席の段取りが悪かったけれど、でも、助けてもらってなんとかなった。よかった。■ナラティヴ・カード初お目見え。1週間前に思いついて作り、実施は初めてだったのだけれど、当初考 …

「物語る権利」

終わった終わった。 今日は、会社内の某所にて、Tree of Life のワークをしてきた。昨日今日と調子が悪く、始まる前までは頭痛もひどかったけれど、はじまれば、忘れてしまう。 内省型のワークのファ …

ナラティヴ・カフェ

昨日、8名の方にご参加いただき、ナラティヴ・カフェを開催することができた。はじめましての方が3名いらっしゃったけれど、「ナラティヴ・カフェ」の存在は今までも目にしていただいていたとのことで、とても嬉し …

【訂正】当事者研究とナラティヴ ・アプローチの異同

前回、「妖怪セラピー」をきっかけの当事者研究とナラティヴ ・アプローチのことを書いたのだけれど、それはそれでよいのだけれど、どうも間違った気がしてきた。1日に3回くらいそのことが思い浮かんでくるので、 …

何の為にするでもなく

終わりました。つかれました。何をしていたかというと、修士論文の発表会をzoomで自主開催していまして、それが先ほど終わったという。40分の予定でしたが、1時間近くかかり、でもそれでもだいぶん説明を端折 …

プロフィール(Profile)

人生、自分、仕事、家族、他者、社会、生きること、死ぬこと、過去、未来、今、
日常ではあまり語られることのないテーマについて、見つめる、表現する、聴く、語り合う時間が、人生の中に増えればいいな、と思っています。

アーカイプ

カテゴリー