旅(travel)

旅の進め方は難しい

投稿日:


来年が待ち遠しい。




趣味だった旅を封印して、
勉学に励んできたのだけれど、
(うそ。そんなに頑張っていない)
それも終わる◎




ちょうど30歳くらいのときに、
「行きたいところに全部行こう」と決めて、
神社好きの私は、全国の行きたい神社に行った。
あと、松尾芭蕉と西行が好きなので、
2人が歩いた道も、一部だけれど辿った。




出雲、伊勢、熊野、沖縄、高千穂、信州、元伊勢、天河、
厳島、淡路島、日光、鎌倉、山形、松島、吉野、高野山など。




一番好きな行き方は、高速バスにのって、朝現地につき、
朝のまだ靄がかかっているときから、歩き回ることで、
車に乗れないので、公共交通機関をつかって、
日本だったら、だいたいどこでも一人で行ける自信がある。うむ。
(でも、海外は怖くてまったく無理)




そして、行きたい場所には、最初は必ずひとりで行くことに決めている。
人と一緒だと、大なり小なりなんらかの我慢や気遣いをしてしまうし、
それが嫌なわけではないのだけれど、気がそれてしまって、
その場所を、自分を、そこに静かに生まれるなんだかよくわからないものを、感じることができなくなってしまうからである。
しかも、「最初の1回」の感度は、二度と表れてこない。




自分にとって大切な場所、心待ちにしているものこそ、
秘密裏に進める必要がある。




数か月前から、気を付けなければならない。
「一緒に行きたい」と言われては困るから、うっかりしゃべらないように
気を付けてはいるものの、口をついて出てくることがあり、
そのあとのごまかし方が苦しく、相手に「遠さ」を感じさせてしまう。
違う、単に私のこだわりなのだ!と叫びたいけれど、
この時点だと、言い訳に聞こえてしまうので、諦める。




そして、一緒に行くことになど興味がない、と
明らかにわかる人には、心置きなく話ができる。ありがたい。




そして、直前になると、もう予定変更ができないので、
誰にでも、思いっきり伝えることができる。




来年は、北にいくのだ。
あ、あとタイにも行くかも。これは一緒に行く人がいたらの話。

-旅(travel)
-

執筆者:

関連記事

洞爺湖、登別、他

この数週間、個人的に心がバタバタしていたのだけれど、そんな中、楽しみだった北海道旅行に行ってきた。今回は、「旅行」。友人との二人旅である。北海道へは、仕事で一度行ったことがあり、そのときに夜の北海道大 …

ウブドの町を歩く(サラスワティ寺院、スターバックス)

先日、一週間ほどバリのウブドへ行ってきました。 2回目の訪問でしたが、大好きな町。   中心部にあるサラスワティ寺院に行ったとき、 すぐ横にあるスターバックスに目を惹かれ、 行ってみました。 …

琵琶湖(Lake Biwa)

2月の琵琶湖の写真です。 両足を浸けてみると、 水は驚くほど冷たかったけれど、 とても気持ちよく、心地よく。 どこからともなく音楽が流れてきて 自然に身体が動きだす。 ゆらゆら、ゆらり。

神島へ(鳥羽、三重)

昨日は、神島へ行ってきました。 近鉄特急で、まずは鳥羽駅へ行き、 そこから船で神島へ。 乗車時間は約45分です 近鉄特急へ乗っているときは、まだ黒い雲が立ち込めていましたが、 鳥羽は快晴。 海も空も水 …

青森は素敵な場所だった

先週末、2泊3日で青森へ行ってきた。主な目的は、かねてより「最終の地」と心に留め置いていた恐山への参拝だった為、旅ルートはそれを中心に組み立てることになった。とはいえ、前日夜の荷物の準備、そして、行き …

プロフィール(Profile)

人生、自分、仕事、家族、他者、社会、生きること、死ぬこと、過去、未来、今、
日常ではあまり語られることのないテーマについて、見つめる、表現する、聴く、語り合う時間が、人生の中に増えればいいな、と思っています。

アーカイプ

カテゴリー