日々是好日(dairy)

消耗と人類

投稿日:


最近、携帯のゲームにはまりすぎている。

携帯の寿命も短そうなので、ほどほどにすべきなのは分かってはいるのだけれど、手を止めることができない。「すごくおもしろいか」と言われると、それほどでのない。ただ、なんとなくやり続けてしまう仕掛けがあるらしい。

かなり前から、TVを見ない生活をしている。なんとなく見続けるのをやめようと思い、廃棄したのだけれど、支障はまったくなかった。だからといって、その時間を生産的な時間に変換できたかというと、そういうわけでもないのだけれど、だからか、眠るのが早くなったような気がする。

今回のゲーム騒動は、もともと存在したTVの、空白を埋めているような気もする。もともとゲーム好きではないし、今も「楽しい」わけではない。ただやり続けてしまうこの仕組みは、私の、人の、「消耗する快楽」みたいなものと繋がっているような気がする。

人は(私は)、生産か消費を、し続けずにはいられないものなのだろうか。

-日々是好日(dairy)

執筆者:

関連記事

岸田繁さん 交響曲第2番 初演公演

今日は、くるりの岸田繁さん作曲、交響曲第2番 初演公演に行ってきました。 シンフォニーNo2 @12/2 京都コンサートホール 恥ずかしい話ですが、それまで岸田さんのことはおろか 「くるり」も、「なん …

エスカレーターの恐怖

誰でも、なにかしら、「こんなことで?」と言われるような、苦手さをもっている思うのだけれど、「エスカレーターの最初の一歩」が、未だに怖い。 ちょっと話は変わるのだけれど、まず、「エレベーター」と「エスカ …

東郷青児展(Seiji Togo)

先日、あべのハルカス美術館で行われていた 東郷青児展へ行ってきました。   宇野千代さんとの関係で、お名前は知っていましたが、 こちらの絵をみて、どんな画風の方なんだろうな、と思い。 &nb …

「妖怪セラピー」当事者研究とナラティヴ・アプローチの異同

当事者研究をはじめてもう2年くらいが過ぎたが、先日お知り合いの方が(おそらく)当事者研究と妖怪セラピーを融合させたワークを実施されていたのを、フェイスブックを通じて目にした。そこでは、最後の「妖怪」の …

「渋皮煮」

先日、兵庫県丹波市に栗拾いに行ってきた。友人のお知り合いの方が何区画か栗林をもっておられ、そこで知人を集めて栗拾いを企画されたのだ。収穫後、ビニール袋いっぱいの栗を持って帰ったのだけれど、この先が今日 …

プロフィール(Profile)

人生、自分、仕事、家族、他者、社会、生きること、死ぬこと、過去、未来、今、
日常ではあまり語られることのないテーマについて、見つめる、表現する、聴く、語り合う時間が、人生の中に増えればいいな、と思っています。

アーカイプ

カテゴリー