日々是好日(dairy) 寺社仏閣(temple,shrine) 人生(life)

贅沢論

投稿日:


「何をもって贅沢とするか」という問いをみた。

たとえば、20代の頃ならば、海外旅行に行ったり、少し躊躇っていた高価な買い物ができたときに、贅沢だと感じただろう。もう少し年を重ねると、生来の物欲の低さを自覚できたのか、「時間の使い方」なんかが基準になってきたように思う。好きなことをしたり、好きなことに没頭したり、何も予定のない1日を過ごしたり、ただただぼーっとしたり、そういう「満たされた」感覚になるものを、贅沢に感じていたように思う。

最近はどうだろうか、と考え、「路線変更ができること」というのが思い浮かんだ。たとえば旅行にいったとき。よくあるのだけれど、当初自分好みに考えていた予定に対し、あるいはそういったものを求めて計画を立てるけれど、なんだか心がフィットしないときがある。場合によれば「面倒臭い」と感じて、やる気がなかなかでないとき。そんなときに、「いいや、やめちゃえ」と思い、怠惰な、堕落した選択ができたときに、少しの罪悪感と、この上ない贅沢を感じたりする。そう、つまり生産性のない、実りの少ない選択をしたときに、「贅沢」を感じているらしい。

たとえば食事。手をかけるか、もしくは自然のものを、美味しく食べたほうがいいに決まっている。そんなときに、ポテチを食べたりなんかして、じゃがりこを食べたりなんかして、アイスを食べたりなんかして、炭酸ドリンクを飲んだりなんかしてお腹を満たすと、ほんの少しの背徳感と、贅沢な気分を味わうことができる。

たとえば休みの日。朝は金なり。早起きしたほうがいいに決まっている。そんなに早起きをしなくても、9時くらいには起きたほうがいいに決まっている。そんなときに、14時、15時までベッドで何の実りもないうだうだとした時間を過ごすとき、「今日も1日、なにひとつしなかった」というダメさ加減が、逆に甘やかさをもたらしてくれたりもする。

つまりは、どういうことなのだろう。
快楽に耽ること、なのだろうか。生産性への反抗、なのだろうか。
今日は、実りの多い時間を過ごしてしまった。




城南宮。梅と椿。




-日々是好日(dairy), 寺社仏閣(temple,shrine), 人生(life)

執筆者:

関連記事

過去と繋がる

買い揃えた仏教系の本の行く先は、どうなるんだろう。ほとんどの書物は、もう二度と見返すことはないんじゃないか、という気もするのだけれど、意外としぶとく残っているかもしれない。『南方仏教基本聖典』(中山書 …

『いちご同盟』

傍にはいつも本があった。今ではもうあまり読まなくなってしまったけれど、人生の一時期、自分にとって大きな影響を与えた本を、少しずつ書いていきたい。『いちご同盟』(三田誠広)いつ頃読んだのか、はっきりとは …

「嫉妬」(jealousy)

あまり傍に置いておきたくない 感情である、「嫉妬」 そんな感情を自分が抱いていたことに、 気付く機会がありました。 ちょっと驚き・・・ ただ、この嫉妬の背景に、 自分の積み重ねた歴史があるだと思うと、 …

「妖怪セラピー」当事者研究とナラティヴ・アプローチの異同

当事者研究をはじめてもう2年くらいが過ぎたが、先日お知り合いの方が(おそらく)当事者研究と妖怪セラピーを融合させたワークを実施されていたのを、フェイスブックを通じて目にした。そこでは、最後の「妖怪」の …

岸田繁さん 交響曲第2番 初演公演

今日は、くるりの岸田繁さん作曲、交響曲第2番 初演公演に行ってきました。 シンフォニーNo2 @12/2 京都コンサートホール 恥ずかしい話ですが、それまで岸田さんのことはおろか 「くるり」も、「なん …

プロフィール(Profile)

人生、自分、仕事、家族、他者、社会、生きること、死ぬこと、過去、未来、今、
日常ではあまり語られることのないテーマについて、見つめる、表現する、聴く、語り合う時間が、人生の中に増えればいいな、と思っています。

アーカイプ

カテゴリー