俳句・短歌

20190127 俳句風

投稿日:


寒すぎる ピザまん食して 吐息が白い
ほんとは肉まん食べたかった




早歩きで帰りながらの一句




(解説)
日曜日の夜遅く、電車から降りる。
あまりの寒さに、肉まんを買いにコンビニに入るが、
あったのは特大サイズの肉まん2つとピザまん1つ。
悩んだ結果ピザまんを買い、食べながら、小走りに家に向かう。
ピザまんは美味しかった。でも肉まんが食べたかった。
「なぜ、たった数十円の差に目を奪われてしまったのだろう」
器の小ささを思う。

-俳句・短歌

執筆者:

関連記事

関連記事はありませんでした

プロフィール(Profile)

人生、自分、仕事、家族、他者、社会、生きること、死ぬこと、過去、未来、今、
日常ではあまり語られることのないテーマについて、見つめる、表現する、聴く、語り合う時間が、人生の中に増えればいいな、と思っています。

アーカイプ

カテゴリー