人生(life)

「機能」としての

投稿日:


少し前に、棟方志功の板画を目にする機会があり、その画の大らかな溢れ出るエネルギーに目を奪われた。今年は青森に行こうとチケットを取ったのだけれど、棟方志功が青森出身だと知り、行くのが更に楽しみになった。今は「板極道」という自伝を読んでいる。




自分が、「世界」の機能の一部だなあ、と思うことが比較的多くなった。
それは悪い意味ではなくて、単なる事実として、見方のひとつとして、である。




自分がこの世界のどんな機能を担っているのか、考えることがある。
それはおそらく、どんな状態であっても、なんらかの機能の一部を担っているのだけれど、同時に、有効な発露の仕方、というのもあるように思う。矢印が、あっち向きか、こっち向きか、の違い。もし、天の目と人の目に分けるのならば、前者から見ると「天の目」であり、後者が「人の目」なのだろうか。




自分⇄世界、の影響の流れだけで見てしまうと、それはそれでなめらか過ぎる世界となる。世界は揺れ動きながらも、均衡と保とうとする働きがあり、同時に、その均衡を破ろうとする動きもあり。それ全体を「均衡」と言ってしまえるかもしれないけれど、それさえも破ろうとする動きもあるかもしれない。




棟方志功は、天の目、人の目、どちらからみても、大きな影響を与えた人だろう。「有効な発露の仕方」がはっきりしすぎていて、「人の目」の迷う余地がないほどに。一方で、多数の人は、中間をいく(ように感じる)。実際は、中間ではないにしても。




話戻って「機能」のこと。
昔は、歯車、みたいなイメージがして嫌だった。だけれども、最近はまったく嫌ではない。嬉しいというわけでもない。そういうものだな、と。そうして世界は回っている。だけれど、どんな機能を果たすかの可能性は、けっこう無限だなと思っている。遠慮してちゃ、ダメなんだな。

-人生(life)
-

執筆者:

関連記事

「物語る権利」

終わった終わった。 今日は、会社内の某所にて、Tree of Life のワークをしてきた。昨日今日と調子が悪く、始まる前までは頭痛もひどかったけれど、はじまれば、忘れてしまう。 内省型のワークのファ …

「自由に生きる」

最近、二人のひとから「自由に生きている人」認定を受けた。二人はそれぞれ異なる意味で、「自由に生きている」という言葉を使っておられたようだけれど、今まで生きている中でそのように言われた記憶があまりなかっ …

「死」にまつわる雑感

「死」について思うことはいろいろとあるけれど、まだそれをまとめるタイミングでもないと思う。 小さい頃から「死」を意識した子どもだったかもしれない。恐怖と解放。自殺願望はなかったけれど、あっという間にお …

第1回ナラティヴ・カフェ振り返り

終わりました。プロジェクターと座席の段取りが悪かったけれど、でも、助けてもらってなんとかなった。よかった。■ナラティヴ・カード初お目見え。1週間前に思いついて作り、実施は初めてだったのだけれど、当初考 …

四聖諦の教え②

四聖諦は、それぞれが縁起(因果関係)の構造になっています。 集諦により、苦諦が生まれる。 道諦により、滅諦が生まれる。 苦は集より生じ、 道によって、苦は滅せられる。 「苦諦」について ーーーーーーー …

プロフィール(Profile)

人生、自分、仕事、家族、他者、社会、生きること、死ぬこと、過去、未来、今、
日常ではあまり語られることのないテーマについて、見つめる、表現する、聴く、語り合う時間が、人生の中に増えればいいな、と思っています。

アーカイプ

カテゴリー