日々是好日(dairy)

【丹波市】栗拾いに行ってきた

投稿日:


友人の知人が区画を借りて丹波市で作物を育てておられるそうで、今回はそちらにお邪魔し、栗拾いをすることになりました。

丹波市春日町へ。
時間があったので、美味しいと有名らしい「そばんち」さんへお蕎麦そばを食べに行ってきました。駐車場には人がいっぱいでした!








そばんちさん。屋内と屋外の席がありました。




















私が食べたのは、お蕎麦と蕎麦がきのセットでした。蕎麦がきを食べるのは初めてでしたが、不思議な味でした・・・。




いざ、栗拾いへ。素敵な景色です。自然がいっぱい。




















落ちている栗を、手や足を使って向いていきました。慣れると比較的簡単でした。3つの栗林をめぐり集合場所に戻る途中、きれいなお花や柿の木にも出会いました。







今日の収穫。さすが丹波の栗。大きいです。
さあ、ここから詰め放題!








その後、ご厚意で枝豆も3枝分けていただけることになりました!
こんな風に畑になっているとは。












ハサミや、直接手で葉を切って、持ち帰り用にまとめました。この日の夜に湯がいていただきましたが、とてもとても美味しかったです。豆が大きい!

帰る頃にはぐったりでしたが、とても楽しい一日となりました。

-日々是好日(dairy)
-, ,

執筆者:

関連記事

12月に入って

iPhoneを長く使っていた。今使っている機種は、もう3年以上になるだろうか。通常であれば、2年縛りの契約の更新時に新たな機種へと移行するのが常だったのだけれど、今回は途中でsimフリーの契約に変えた …

「祝辞」より

さて、某大学の祝辞が話題になっていて、格差、差別、性差、等の論点があると思うけれど、一応「女」という性別に生まれ、認識し、生きてきた私の人生は、果たしていったいどんなものだったのだろうか、などと考えて …

春待つこころ

今日は、午後からお休み。日、月と休みだから、今が一番幸せなとき。 最後の試験が終わって、結果のことについては考えたくないけれど、すでに気は抜けてしまった。もし卒業できなかったら、中退でもいいんじゃない …

「サンガ」システムと、年功序列型社会

100分de名著シリーズの 「ブッダ 真理のことば」の中に サンガのシステムについての言及部分があった。 ブッダが考えだしたシステムで、 「執着を生まれさせない」仕組みとして紹介してあったのだけれど、 …

【訂正】当事者研究とナラティヴ ・アプローチの異同

前回、「妖怪セラピー」をきっかけの当事者研究とナラティヴ ・アプローチのことを書いたのだけれど、それはそれでよいのだけれど、どうも間違った気がしてきた。1日に3回くらいそのことが思い浮かんでくるので、 …

プロフィール(Profile)

人生、自分、仕事、家族、他者、社会、生きること、死ぬこと、過去、未来、今、
日常ではあまり語られることのないテーマについて、見つめる、表現する、聴く、語り合う時間が、人生の中に増えればいいな、と思っています。

アーカイプ

カテゴリー