日々是好日(dairy)

千葉雅也先生の対談講演会へ@京都大学

投稿日:

千葉雅也さんが最近発売された、「意味のない無意味」

実施に読んでいなかったので、ギリギリまで迷っていたのだけれど、
松本卓也さんとの対談講演会に行ってきました。

場所は京都大学。久しぶり。いい季節。枯葉がきれい。


千葉さんが、黒板に絵を描きながら説明をされたのだけれど、
こんな感じ。


(↑わたしの追記メモあり)

飛び交う言葉の背景や定義を知らないのと、そのスピードについていけなくて、
たぶん、話の3%くらいしか理解できなかったのだけれど、
従来の近代哲学?では、「意味のある無意味」の概念が論じられていて、
それはそれとしてあるものの、それだけではなく、その外にある
「意味のない無意味」、がテーマになっていた様子。

「意味のある無意味」と聞くと、老子が思い浮かんだのだけれど、
意味のない無意味か。
ぱっと聞いただけでは、イメージが湧かない。

松本先生は、初めて存じ上げたのだけれど、
お医者様かな?京都大学の精神分析の先生。
その方の話で、自閉症の話になって、
当事者研究の話になると、少しイメージはできた。
3月くらいに、「狂気と創造性」に関する著書が
発売されるらしいので、機会があったら手にとってみよう。

最後に、LGBTにまつわる話になり、当事者性の話、
差別やカテゴリ分け、福祉社会の話などに進み、
このあたりになると、私自身が疑問に思っていたことや
今の仕事で感じていた違和感などとも結びつき、
千葉さんと意見の方向性が一緒で、
まあ、現代の文脈とは合わないだろうな、とも。

「否定性を常にもっておきたい」という言葉には、
とても共感。
それはそうと、「否定性がなくなることは、無意識がなくなること」
とおっしゃったのだけれど、いったいどういう意味だろう?

今日の対談は、分からないことが多いはずなのに、
とてもおもしろく、あっという間の1時間半。
行ってよかったな。

帰るときは、もう真っ暗。京大正門。


こんな日は、たこ焼きを食べよう◎

-日々是好日(dairy)
-, ,

執筆者:

関連記事

マインドフルネス

「瞑想をしなければ」と思い立ち、 先生にお聞きしてみて、紹介されたもののひとつ。 マインドフルネスアプリ こちらを使用しはじめて3週間くらい過ぎましたが、 とてもわたしに合っているようです。 一番短く …

「渋皮煮」

先日、兵庫県丹波市に栗拾いに行ってきた。友人のお知り合いの方が何区画か栗林をもっておられ、そこで知人を集めて栗拾いを企画されたのだ。収穫後、ビニール袋いっぱいの栗を持って帰ったのだけれど、この先が今日 …

病院嫌い

たぶん、嫌いだと思う。病院に行くときは病気になった時なので、それで嫌な思い出があるのかな、と思ったけれど、小さい頃の病気は大体風邪で、風邪になると学校が休めるので、嫌なわけがない。注射もそれほど嫌いで …

嬉しい便り

お昼に郵便物がとどき、 修士論文の清書許可がおりました。 とりあえず、ひとやま超えて ほっとする。 先生の 「よくがんばりました」 のひとことメッセージが、 とても嬉しい。 バラの花が、段々と花開いて …

整理整頓

最近、整理整頓が着々と進んでいる。 前から、個人的には好きではあったのだけれど、 更に。 途中、迷いが生まれるときもあって、 もう少し残しておくか、もう終わりにするか。 使っていないもので、愛着があっ …

プロフィール(Profile)

人生、自分、仕事、家族、他者、社会、生きること、死ぬこと、過去、未来、今、
日常ではあまり語られることのないテーマについて、見つめる、表現する、聴く、語り合う時間が、人生の中に増えればいいな、と思っています。

アーカイプ

カテゴリー