日々是好日(dairy)

洗濯日和

投稿日:

レポートの送付を無事すませて、
その後はスタバでお茶をしたり、読書をしたり。

日差しが強くなってきたので、自宅に戻り
洗濯洗濯。
(週末は寒くなるらしい)


「8(エイト)マインドフルネス・ステップ」

を読んでいて、「無常」の記載あたりで思い浮かんだこと。

そういえば、小学校低学年だったか中学年だったか、
授業が終わったあとのグラウンドの遊具で
日が暮れるまで友達と遊んでいて、
「楽しさの最高潮」になったときに、

「でも、これもいつかなくなるんだな」

ということを思い、涙がでそうなくらいに悲しくなったのを思い出した。

そのときは、「大人になるし、状況も、みんなも変わるし」
みたいなことを思っていたような気もするけれど、
言ってみれば無常だし。

この頃のわたしは、「楽=苦」の具体的な中身を知っていたわけではないけれど、
でも、わかったんだろう。

おなじように、家族と過ごす時間や、母親への甘えの中にも、
幸福感を感じると同時に、「いつか終わる」という悲しさもあったな。

そう考えると、仏教へ関心が向く根っこのようなものが、
小さな頃の私の中に、既にあった様子。

そして今は、同じ悲しさでも
あの頃の悲しさとは、少し質が違うように思う。

風のような??
春の木漏れ日のような感じかな。
今日みたいな感じかも。

 

-日々是好日(dairy)
-, ,

執筆者:

関連記事

「熱」

久々に熱がでた。水曜日にストレスフルな出来事があり、木曜日は朝から調子が悪く、眠たく、頭が痛く。そうこうすると、早めの生理がやってきて、「体は正直だなあ」と思っていたのだけれど。体調はどんどん悪化して …

哲学カフェへ行ってみた

先日書いたように、哲学カフェをすることになったので、まじめに事前準備をしている。本を読んだり、構成の輪郭を考えてみたり。そしてやはり「体験に勝るものはなし」ということで、哲学カフェに行ってきた。この筋 …

贅沢論

「何をもって贅沢とするか」という問いをみた。たとえば、20代の頃ならば、海外旅行に行ったり、少し躊躇っていた高価な買い物ができたときに、贅沢だと感じただろう。もう少し年を重ねると、生来の物欲の低さを自 …

こんな日もある。

夕方から突然の頭痛。両方のこめかみと、後頭部の下のあたりと。早く寝よう。 「誰も喜ばないだろうな」と思うことをするのは、憂鬱になる。とはいっても、見過ごせない性格はなかなか変わらない。 例えば、誰もが …

「夢」

「夢」という言葉を、最近あまり使わなくなった。夜、眠っている間に見る夢は、相変わらずの頻度でやってくる。昨晩も、ある男性医師と女性医師がでてくる夢をみた。そういった夢のほうではなく、たとえば「将来を夢 …

プロフィール(Profile)

人生、自分、仕事、家族、他者、社会、生きること、死ぬこと、過去、未来、今、
日常ではあまり語られることのないテーマについて、見つめる、表現する、聴く、語り合う時間が、人生の中に増えればいいな、と思っています。

アーカイプ

カテゴリー