日々是好日(dairy)

好きと嫌い、どっちを優先する問題

投稿日:


私の悩みのひとつに、
「嫌だと思ったものは、本当に嫌だ」というのがある。

よく言えば、無駄がない、ともいえるのだけれど、
「食わず嫌い」「最初の印象に縛られすぎ」という側面もあって、
成長の機会を奪ってしまうこともある。
(うゎっ。成長って言葉を使ってしまった、、、)




思い返せば、小さい頃から、食事の偏食がすごかった。
小学生になる一番の悪夢は給食だったけれど、
案の定、昼休みはもちろん、そのあとの掃除の時間にまで
食べきれないときもあり、最後は牛乳瓶に何度も水を入れて
「流し込む」という方法で、鼻をつまんで食べて(飲んで)いた。




あるとき、考えた。
「好きなもの(欲しいもの)が手に入るけれど、同時に嫌いなものも我慢をしないといけない」場合と、
「嫌いなものを我慢しなくてもいいけれど、好きなもの(欲しいもの)もあきらめないといけない」場合、
どちらを選ぶか。




答えはシンプルで、後者だった。
好きなものや欲しいものは、諦められるけれど、
嫌いなもの、嫌なものを我慢するのは、耐えられない。




仏教的にみると、好きも嫌いも等しく、
渇愛によって生まれ、
執着すれば、苦のもとだ、となるけれど、
これは、私の人生を貫くテーマのひとつであり、
多少は丸くなったものの、傾向はそのままで。

嫌なもののために、好きなもの、欲しいものを
あっさりと手放してしまう(ように感じる)のだけれど。
人生も半ばとなり、折り返し地点だと思うと、
もう少し粘ってもいいのかもな、とも思うようになった。




嫌なものに対する向き合い方。
それを起こさせているものは何なのか。




とはいえ、不要なものに時間を取られない、という
シンプルさもあって、
まあ、ほどほどでいっか。

-日々是好日(dairy)
-,

執筆者:

関連記事

「私らしく」はないけれど

最近、予定のない休みの日は、午前はそうじをして、出かけて、ブログを書いたりプライベートタスクをしたりして、その後は丸善に行って、本を読んでいる。建てかわった後の今の丸善は、本当に素晴らしい場所。そして …

空間、好奇心と野蛮さ、信仰など

三が日の街の感じが、好きである、以前、某ファーストフード働いていたとき、お正月三が日の、特に1月1日の早朝から午前少し前くらいまでのお店の雰囲気と客層が、いつもより静かで、一人のお客様が多くて、しかも …

「打ち砕かれる」

今日、修士論文の口頭試問が終わった。案内のとおり、90分だった。正確には87分。副査は、民俗学・歴史学の先生と、日本古典文学の先生。 さてまあ、いろいろとあったのだけれど。 会場についたら、女性の方が …

ヒポポタマスのバスタオル

先日レポートを提出し、 返却を待つタイミングなので、 今日の休みは、何もやることがない日。 なにをしようかな、と思い、 スターバックスに出向き、 先日購入した、佐々木閑先生の本を読む。 「100分で名 …

雑談が苦手、の仕組み

@タリーズ 今日は仕事は休み。 わたしは、雑談であったり、知らない人と話すのが苦手で、 周囲にも伝えている。 まったくできないわけではないし、 好きな場合もある。 総じて、苦手、という意味。 やろうと …

プロフィール(Profile)

人生、自分、仕事、家族、他者、社会、生きること、死ぬこと、過去、未来、今、
日常ではあまり語られることのないテーマについて、見つめる、表現する、聴く、語り合う時間が、人生の中に増えればいいな、と思っています。

アーカイプ

カテゴリー